無職で収入がなくても消費者金融のカードローン審査に通る方法

就職活動が上手くいかずにニート生活していたり、会社を辞めてしまって次の仕事がない人、早めの退職で年金受給までまだ時間がある人。つまりは、職業:無職の状態。だけどいますぐお金が必要となると……とても困りますね。

フリーローンやカードローンなど、世の中にはお金を貸してくれる銀行が消費者金融は多々あるものの、借り入れできるのはほとんどが『収入のある人』なのです。無職で収入のない、ましてや配偶者もいないような身の上となると、そういったところでお金を借りることは無理だと判断してしまいます。

ところが。現時点で無職の人でもカードローンの審査を通過し、お金を借りられる方法はあります。どういうことなのかというと、金融業界には収入証明書が不要でもカードローンの契約ができるという会社が存在するのです。もちろん、その会社はヤミ金や悪徳金融業者とは違います。もちろん、念のためにそういった会社でないかどうかを疑うことは大事ですが。

多くの銀行等ではカードローンの申し込みの際に収入の有無を必ず問われますし、その金額についても申告する必要があります。そしてその後、銀行や消費者金融が定めたルールにのっとって借り入れ金額が決定するのです。ですのでカードローンの契約時には収入証明書が絶対に不可欠だと言えます。

ですが、上記で紹介したような収入証明書が不要となっているカードローン会社が近年登場しました。主に、安定した収入があるとは言えない専業主婦の方の利用が多いようです。専業主婦だと収入がないので、収入証明書を提出することはできませんよね。ですが、旦那様の収入などがあれば返済可能です。そういった側面を見越しての措置なのでしょう。

この条件だけを見れば、現在仕事がない方でもカードローンの契約は可能となります。ただし、収入証明書の提出がないということで、借り入れ限度額にいは上限が存在します。カードローン会社によってその金額が違いますので、事前に調べておくことをオススメします。

※なお、年金受給までの間に借りたいという人は、年齢制限にも注意しておいてください。借り入れには年齢制限が設けられていることがほとんどです。65歳以上ですと必ずといっていいほど借り入れ対象除外となってしまいます。

この不景気で新しい仕事を見つけるのはなかなか難しいですが、お金を借りれば返済は義務。かならず返済計画を立てた上での借り入れを心がけるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローン【即日】借りたい時に選ぶべき会社、知っていますか? All Rights Reserved.