自宅訪問が心配な人へ。消費者金融への返済を滞納してしまった場合

消費者金融からお金を借りているものの、返済が思うようにできずにいつもぎりぎりの入金。そんな人を常に不安にさせているのが「もしかしたら、このままでは自宅訪問されてしまうのでは?」という心配です。

特に、お金を借りていることを周りに内緒にしておきたいと考えている人にとって、自宅や職場に電話連絡があったり、訪問されたりすることは絶対に避けたいもの。銀行の名前だけだったとしたらまだしも、消費者金融の名前を出されてしまった日にはバレバレですよね。

でも安心してください。返済をちゃんと続けているなら、自宅に訪問されることは絶対にありません。何よりもまず、法律によって自宅訪問などの返済催促などは金融業界ではご法度とされています。よっぽどのことがない限りは(例えば、あなたが返済をどうしてもできなくなり、何ヶ月も、何年も、入金せずに姿をくらました……なんてことがない限りは)自宅や職場に銀行員や消費者金融のスタッフが訪問するようなことはありません。

ただお金を借りている場所が銀行であろうとも、消費者金融であろうとも、返済しなければならない「最少返済額」というものが決まっていますから、これを何ヶ月も滞納し、返せていないとなると話が変わってきます。

まず、電話連絡は覚悟しなければなりません。返済が滞ると銀行または消費者金融から返済催促の電話がかかってくることは往々にしてあり得ます。そしてその連絡を無視してさらに滞納が続いてしまった場合、裁判所から督促状が届くでしょう。そうすると裁判所に出向かなければならなくなったりします。

そういう自体にならないためにも、最少返済額だけは必ず返していきたいもの。それでもどうしても間に合わない、ということになったら、迷わず銀行、または消費者金融の相談窓口に連絡しましょう。希望薄ではありますが、待ってもらえる可能性もあります。

どうしても……というときに大切なのはコミュニケーションなのです。嘘をついたりごまかしたり、黙って入金をやり過ごすのはあまり得策とは言えません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローン【即日】借りたい時に選ぶべき会社、知っていますか? All Rights Reserved.