みずほカードローンの自宅電話連絡を避ける

キャッシングベスト3

みずほカードローン申し込み、内緒にしたい…電話連絡は避けられる?

止むを得ない事情でカードローンを契約したいのだけれど、誰にも知られたくない!ということ、ありますよね。ネットのクチコミなどではカードローンには電話連絡とか在籍確認があるということが書いてありますし、契約しようにもなんだか不安。そんな悩みを抱えている方はどうぞご安心ください。

大手であるみずほ銀行のカードローンであれば、そういった在籍確認の電話連絡を避け、誰にも内緒でカードローンの契約をすることができますよ!

みずほ銀行でも他の一般的な銀行や消費者金融と同じように、カードローン契約時には仮審査があり、本人確認を完了させ、契約書にサインをする等、申し込み手順をひとつひとつクリアする必要があります。その際、本人確認のために電話連絡をすることもありますが、皆さんが懸念されているのはこの電話確認の部分ですね。

みずほ銀行でカードローンの契約をした場合、自分の職業をちゃんと伝える義務はあります。ですが、だからといって職場に電話がかかるということはまずありません。あくまで、契約した人とみずほ銀行の間で連絡が行きとどく状態であればOKです。

例えば申し込み時に「連絡はこちらにお願いします」ということで、携帯電話の番号を記載して一言添えておきましょう。こうしておけば銀行が契約者に連絡がある場合は携帯に電話がかかってきますので、自宅や職場でカードローンの契約がばれることはありません。万が一携帯が通じないとのことで緊急に自宅(または職場)へ電話がかかってくることがあっても、銀行はこの手のことに敏感ですので、担当者の名前でかけてきてくれます。

では、クチコミで言われている「会社に電話が来た!」とか「家に電話がかかってきて家族にバレた!」というのはどういうことなのか。これは、カードローンを契約した人が、のっぴきならない事情で返済を滞納していたり、滞納についての催促を無視し続けたりした……というような特殊な状況の場合です。

連絡できるはずの携帯電話に繋がらないといった場合は、銀行側だって別の方法で連絡を取ろうとしますよね。その結果、通知されている自宅番号であったり、職場の番号に電話をかけなければならなくなる、ということです。さらに、事情が深刻なところにまで進んで居れば、銀行側も周りの人間に状況を説明せざるをえなくなるでしょう。これではせっかく内緒でカードローンを契約したのに水の泡になってしまいます。

それ以前に、借りたお金はきちんと返しましょう!というのが正論なのですが、そこは致し方のない事情もあるかもしれません。カードローンを利用するときには、計画をきちんと練ってから申し込みをしましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローン【即日】借りたい時に選ぶべき会社、知っていますか? All Rights Reserved.